お問合せ:TEL/0568-86-8688 FAX:0568-86-8689
(受付時間/9:00〜20:00)年中無休(年末年始を除く)

小型船舶免許のことなら桑原海事代理士事務所にお任せください。
HOME
更新講習
失効講習
再交付/訂正
新規取得
地域別講習日程表
必要書類ダウンロード
お申込み・お問合せ
新規取得について
小型船舶操縦士の免許制度

小型船舶免許はエンジン付きの船舶(ボート)を操縦するために必要な資格です。
クルージングやフィッシング、ウェイクボードや水上スキーといったマリンスポーツには欠かせない資格と言えます。
この免許があれば、海の上も陸と同じ!自由にマリンレジャーを楽しむことができます。
小型船舶免許制度について ⇒ 詳細は(財)日本海洋レジャー安全・振興協会の『免許制度について参照』
免許の取得条件と取得方法
免許 受験資格 免許取得資格
一級 17歳9か月から 18歳以上
二級 15歳9か月から 16歳以上
二級(湖川) 15歳9か月から 16歳以上
特殊 15歳9か月から 16歳以上
※二級免許について年齢が18歳未満の方は、操縦できるボートの大きさが5トン未満に限定されます。
18歳に達すると、特に手続きは必要なくこの限定は解除され、次回免許証更新時には限定の無い免許証が発行されます。

A身体制限
身体検査合格基準---不安な方は(財)日本海洋レジャー安全・振興協会の『身体適正相談コーナー』参照
検査項目 基準
視力 両眼とも0.6以上(矯正可)。一眼の視力が0.6未満の場合は、他眼の視力が0.6以上であり、かつ、視野が左右150度以上であること。
弁色力 夜間において船舶の灯火の色を識別できること。(灯火の色が識別できない場合は、日出から日没までの間において航路標識の彩色を識別できれば、航行する時間帯が限定された免許が取得できます。)
聴力 5m以上の距離で話声語(普通の大きさの声音)の弁別ができること。(補聴器可)
疾病及び身体
機能の障害
症で小型船舶操縦者の業務に支障をきたさないと認められること。
取得方法
@講習後、国家試験を受験
A学科・実技試験免除コース
B学科は国家試験・実技は免除コース

             ↓

詳細は(財)日本海洋レジャー安全・振興協会の『勉強の方法』参照
桑原海事事務所の免許取得ご案内
桑原海事事務所では、長年「学科講習・実技講習」を行ってきた経験を踏まえ、
お客様のご要望に対して最適な取得方法をご案内します。

※学科・実技試験免除コース⇒
(一財)日本船舶職員養成協会』の主催で、
@1級(4日間) \151,700(総額・税込)
A2級(2日間コース・3日間コース) ¥127,500(総額・税込)
B特殊(1.5日間)\76,000(総額・税込)

*会場⇒四日市市・半田市・蒲郡市等いろいろあります。
*基本は、土曜・日曜の2日間で、平日の2日間でも可能です。
*具体的には、メール・電話にてお尋ねください。

※学科は国家試験・実技は免除コース⇒
『ヤマハボート免許教室』の主催で、
@1級(3日間) \139,000(総額・税込)
A2級(2.5日間)\107,000(総額・税込)
B特殊(1.5日間)\ 61,000(総額・税込)

*会場⇒四日市市・新舞子・武豊町・蒲郡市・岐阜市・浜名湖等
*3名以上⇒希望の日程を設定できます。
(2名以内の時は、ご相談ください)

※学科・実技共国家試験受験コース
『桑原海事主催の免許教室』です。
@1級(3日間)\110,000(総額・税込)
A2級(2日間・1日目は学科・実技講習で2日目は国家試験)
\ 77,500(総額・税込)

最もお薦めコースです。1名でも開催します。
講習は希望日です。講習会場は蒲郡市の西浦シーサイドマリーナです。
国家試験は日程・会場が決まっています(平日・土曜・日曜有)
実技試験が不合格の時は再受験料・手数料はいただきません。
学科試験が不合格の時は再受験料と手続き料の\5,000が必要です。


※学科・実技講習は桑原自身が親切丁寧な講習を行います。
※マンツーマンの取得をご希望の方はご相談ください。



詳細はお手数ですが下記宛お電話又はメール送信してください。 ⇒ お問合せ
 TEL:0568-86-8688 (9:00〜20:00) 年末年始以外無休
料金一覧表
お支払方法
事務所概要
プライバシーポリシー